2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
おてつだい:食器洗い
2010/09/08(Wed)
3歳まであと4日
2010-08-25_3598.jpg

二学期がはじまり、なんだか毎日バタバタです。

今日は久しぶりにおうちでゆっくりできました。
ここ最近はなんやかやと出かける用事ばかりで。。。
久しぶりに雨もふり、とても涼しく、お姫ちゃんも水溜りで1時間ぐらい遊んで満喫していました。

さてさて、夏休みのお姫さまは、もみじクンとどっぷり毎日あそびました。
午前中はもみじクンのサイクリングに付き合い、
お風呂で水遊びをし、お昼たべると疲れでぐっすりお昼ね。
おやすみするまで、もみじクンとケンカしながらじゃれあったり、
彼女にとっては、すごくたのしい日々だったようです。

そのおかげで、ますますしっかりものになったように感じ、
おじゃべりもますますパワーアップ!!
言い訳やグチっぽいこともいっちょ前に言ってくるので、
母はブチッと切れたりしていましたが、
これ以上言ったら怒られる!!という、適度な極めを感じれるようで、
それがもみじクンもおもしろくなって笑ってしまったりと
なんだかまだまだかわいいな~とかんじたり。

夏休み、お姫サマはもみじクンとケンカしたり、怒られたりした後、
この食器洗いのお手伝いをしてくれました。

モクモクと食器を丁寧に洗う姿は、
悪いことしたな~イヤなき持ちを流しちゃおー
って感じみえましたが。。。

お水がぽとぽと落ちる音を耳を澄ませて聞いていたり、
洗剤を手につけて泡をいっぱいにしたり、
シャボン玉の色に見入っていたり。。。

見つからないように観察しているととっても面白かったです。

もうすぐ3歳になるお姫サマ。

「おひめちゃん、いま 何歳?」
「まだ2さいなの。でもね もうすぐ3さいになるの。ようちえん○○くみになるんよー」
「はやく いきたいなー たのしみ たのしみ!!」

こんな会話が多く、自分の誕生日日にちも知っているので、
カレンダーをみて「1,2,3にちあるねー」など数え、
とても楽しみにしているようです。

でも、幼稚園ね、まだいつから入れるかわからず。。。
さて、どうなるのでしょうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | お姫サマ 2さい | CM(6) | TB(0) | ▲ top
もうすぐ?お誕生日
2010/08/06(Fri)
3歳のプレゼントはコレ↓にしました。


ここ最近、日中は毎日暑いですが、夕方になるにつれ、いい風が吹きます。
もうすぐ夏も終わりなのかな~

昨日、短期スイミングの後に注文していたお姫ちゃんの服を取りに行くがてら、
もうすぐなくなるサンリオショップを覗くと、なんと全商半額!!

いいときにきた~!!なんて思い、
下着や園で使うランチグッズ、水筒やレジャーシート、タオルハンカチ、レインコート、
長靴など、いろいろ買っちゃいました。
でも半額!!
いいお買い物~なんて思うながらレジへ。

「これ かわいい~!!しゅがーばにーず かわいいな~」
「ほんまやな おひめちゃん。ピンポンならしたら ひかるみたいやで」

なにやらこんな会話が耳に入ってきて。。。
見るとお姫サマがもみじクンに必死に話しかけていました。

な~んとこれも半額!!
「まま~ おひめちゃん かなりこれほしいみたい。おたんじょうぷれぜんとにしてあげたらいいのに~」

そうだ~
そういえば来月は3歳になるお姫サマ。
なにがいいかな?とは考えていたけど、レゴがいいかな?なんて思っていて。
「そうやな~ ん~ パパとかんがえてみるね」

そういって昨日は帰りましたが、半額だったしかわいいな~とも思ったし。
パパが帰ってきて相談。
「半額ならいいんじゃない? 誕生日指定で送ってもらえばいいやん。レゴはまた別やしな~」

そうね~!!
と思い、今日朝一にまたサンリオショップに行ってきました。
行ってみると昨日はまだまだあった商品棚が空っぽ。。。
お目当てのドールハウスはラスト1でした!!

よかった~。

喜んでくれるかな?


そしてもみじクン&お姫サマのスイミングのお稽古の件。

いろいろパパや本人たちと話をして
別に今、泳げるようになることはそんなに必要なことなのかな?ということに。

私ことなんですが、結構運動は得意なほうだと思います。
でも、それは小学校5年生くらいからで。。。

実は幼稚園から小学校低学年で、いろいろ病気をして入退院したりしていて、
3年生ぐらいから参加しました。

やっぱりなんにもできなくて。。。
特に水泳は夏だけだし、なかなかできなかった。
でも、やる気と幼馴染の男の子のヘルプで、死に物狂いで練習しました!!

運動の中で水泳と器械体操は苦手なほうですが、
とりあえず最低限はできます。

でもね、私、運動系の学校に行っていたのですが、
バリバリインターハイとか出てる子でも、
水泳およげない~、跳び箱無理~、球技はダメやわ~なんて、
何か一つできないものを持っていたように思います。
中にはなんでもできる子はいましたが。。。

でも苦手やできないものは最低限はできるよう、みんな自分で練習している姿は必ずあったように思います。

こうゆう姿や経験をわが子にしてもらいたいな~なんて。

だからとりあえず小学校までは水嫌いなもみじクンに、楽しさとなれてもらえたらぐらいに思っています。
お姫サマも同じ。

少しこういう経験を忘れかけていました。
入会する前に気づいてよかったな~

もみじクン&お姫サマはまだわからないかもしれないけど、
二人に丁寧にこの気持ちを伝えようと思います。
わかってもらえるといいな~


この記事のURL | お姫サマ 2さい | CM(1) | TB(0) | ▲ top
おはし ステップアップ
2010/06/30(Wed)
2才9ヶ月
おはし

今日はお日様がでて、暑かった!!
もうすぐ夏ですね~

先日、お姫サマはいつも使っているピンクのエジソンのお箸で使って食べていると
何かの拍子に「バリ!!」と折れてしまい。。。


どうしようかな?と思ったところ、もうそろそろ次にステップアップ(お箸の先がふつうのもの)しても大丈夫かな?
なんて思って、
以前もみじクンが使っていたエジソンのお箸にリングをつけて渡してみました。
(最終、もみじクンはリングなしで長く使っていたので、リングをなくしてしまい、折れたお箸のリングを使って見ました)


「ん~できないな~いやだ~」
「でもお姫ちゃん、これ使えたら少しお姉ちゃんになれるかも。もみじクンも前使ってたやろ~」
「え~!!おねえちゃんになれるの~!!がんばる~」

「おねえちゃん」というフレーズが大好きなお姫サマ。
なんやかやと言いながらも、できるようになり、大きい物からご飯まで食べれるようになっていました。
おそるべしの魔法のことばです。

まだまだ上手ではないけど、がんばるとのこと。
ほんと前向きな性格なようで、これはパパのいいところに似ているような気がします。


さてさて、今日は午前保育だったもみじクン。

最近、お友達とケンカになり、よく泣いています。
今日もやはりそうでした。。。

以前のリレーの件があってから、そのお友達がどうこうではなく、リレーをしようという時のお友達の言葉がイヤ!!というようになってしまっているもみじクン。

もみじクンも相手の挑発?誘い?にのってリレーをしてみるものの、
やはり負けてしまい、負けそうになると途中でやめてしまいます。
そうすると、またブーイングにあい、どうにもならなく泣いてしまう。。。
また泣くとブーイングにあい、もっと泣いてしまう。。。

その繰り返し。。

一生懸命がんばっているのになんで勝てないの?なんでなんで。。。

さすがに見ていた私は、もみじクンが気の毒になってしまい、
今日は助け舟を出してしまいました。
これでいいのかな?なんて迷いながらも。

帰ってもみじクンと話し合い。
なにを思ったの?とたずねると、
「どうして できないことばかり みんないうのかな?なんで うれしいこと いってくれないのかな?」

よくよく思えば、最近お友達たちが私に話してくれることって、
「もみじクン きょうね ようちえんで ○○できなかったんだよ」
「まだ ○○のおしごとをしていて まんなかぐみの子たちに ぬかされたよ」
「ちいさいくみの ◇ちゃん ○○できないんだよ~」
など、できなかったことや失敗したことを教えてくれます。

以前は「○○できて うれしそうだったよ~」とか、
なんか聞いているほうも嬉しいことを言ってくれていたような。。。

今同じクラスの小さい組さんは、やんちゃなお友達がおおいようで、
確かにのんびりマイペースなもみじクンは、かなり疲れています。
でも、できないね~とか、否定的な言葉をかけられている姿がすごくイヤで、
自分と重なってしまうようです。

その話を言葉足らずに言うもみじクン。
「ママも できない~ばかり 言われたらできなくなっちゃうわ。それは間違ってないよ」
「できない~まけるで~ばかり言わないで~って言ってみたら。」
「そうか~つぎはいってみる!!」
「でも、負けそうだからって途中でリレーをやめるのは反則!!」
「一緒にリレーしてる人、一人ぼっちになっちゃうよ。さみしいね~」
「ごめんなさい。。ひとりぼっちになるなんて わからなかった。。。」
「今負けても練習なの。練習で負けてもたくさんしてたら勝てるようになるよ。」
「わかった。またがんばって れんしゅう するわ~」

今回はこんな感じで話し合い終了。
なんかこれ以上、私は何もいえなかったです。
特に「なんで できないばかりいうの?うれしいこと いってくれないの?」のフレーズを聞いたとき、
確かにもみじクンは家でお姫サマのできないことを持ち上げて言ったりしないな~
逆にいいことや、できたことばかりほめてくれるな~
私ができずに怒ってしまっても、もみじクンはできるよ~とさりげな~く言ってくれたり私を怒ったり。
これって大事なことだな~、今まで園でお世話になったお兄さんお姉さんのおかげだな~
よくきがついたな~なんて褒めてやりました。

帰宅後、そのお友達の一人は家まで来て「さっきはごめんね。いいすぎたね」と誤りに。
「いいよ~ ぼくもわるいから。ありがとうね」

少しずつこの壁を乗り越えていけるといいな~

そうそう、もみじクンが泣いているとき、お姫ちゃんの言葉にびっくり。
「だいじょうぶ だいじょうぶ。ないてもいいよ。 わたしが はしるから」

お姫サマなりにもみじクンを励ましていました。
やっぱりいつももみじクンに助けてもらっているからかな~

兄妹の思いやり、そんなこともお互い知らないうちに築いているふたり。
生まれてきてくれてよかった~と思える一日でした。









この記事のURL | お姫サマ 2さい | CM(2) | TB(0) | ▲ top
頑固ちゃん
2010/05/31(Mon)
2才8ヶ月
なきむし

今日はお姫サマの子どもの家のレッスン日。

いつもなら上機嫌で出発~!!というのですが、
今日は「こどものいえは いかない!!」というお姫サマ。

どうやら先日、もみじクンをお迎えに行ったときに、
もみじクンの先生が、「お姫ちゃん、○○組の靴箱、見に行く?」と誘ってくれ、
先生と靴箱を見に行き、職員室も一緒に行き、
もう、もみじクンと同じクラスのちいさいちいさい組になったということらしく。

もみじクンの幼稚園は縦割りの幼稚園で、だいたい兄弟は同じクラスのなります。
だからお姫サマも、もみじクンと同じクラスだし、同じ先生。

少し前までは、先生と手をつなぎもしなかったのですが、
手をつなぎ、母より先生を選んでいたお姫サマ。
成長したな~

ということを、子どもの家の先生に少しお姫サマがお話したようで。。。

レッスン後、みんながお帰りのお支度をはじめ、まだお仕事中だったお姫サマはあせり、
おかたづけをせず。。。

すかさず、先生が「かたずけなさい。」っと。

最近のお姫サマ、指示されると頑なに拒否。。。
なにもかも、イヤになっちゃうようで。

それから、用意もしたくない、歩きたくない、靴も自分ではきたくない。。。
いろいろ頑固ちゃんになり、泣き喚いていました。
先生も同じように譲らず、お姫サマも頑なに頑固ちゃんで。
結局最後まで自分でしましたが、30分あまり、自分を押し通していたお姫サマ。

さどかし疲れたなおかな?なんて心配したものの、
なぜかスッキリ爽快なかんじがして。

ん~わかんない。。。

つぎから子どもの家にいける?と聞くと、
「うん、いくよ♪」っと軽い返事。。。
「じゃ~、自分でなんでもしないといけないよ。がんばれる?」
「ラジャー!!」っと。
なんだかこの子はどうなんだろ?なんて思った母でした。

ラジャー

この記事のURL | お姫サマ 2さい | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おせわ?いじわる?に励む
2010/05/29(Sat)
2才8ヶ月「いない いない~」
おせわ2

今日はいとこが遊びにきてくれ、ちょっとハプニングもありましたが、
お姫ちゃんと、下の1才のいとこは仲良く??遊んでいました。

お姫ちゃんは、最近、すご~くお世話をしたがります。
それは、同級生のお友達にもしていたり。。。
かなりしっかりもののお姫ちゃん。

今日は、下の1才のいとこのお世話?いじわる?に励んでいました。

いじわるかな?とおもったら
「○ちゃん、あそぼ~これしよう!!」と誘っていたり。

お互い二人目ちゃんだし、二人とも強いので、押し合いへし合いしながら、
泣かずに我慢比べ。。。
「女のこ二人は、半年先は想像するだけで、おそろしいな~」と妹と言っていました。。。

でも、もみじクンはいとこの○ちゃんに「これ~」と言われると、
「うん いいよ~ かわいいな~」なんて言って、遊び相手になったり。
かわいくてたまんないようです。

おせわ

帰ってから二人で「きょうは たのしかったな~」と言っていました。
よかったね~

先日もみじクンがちょっと落ち込み、もうリレーをしない!!と言っていた件。

その夜、すごい夜泣きで、寝れず、朝になってもやっぱり寝ながら考えたけど?リレーはしない!!と言い切ったもみじクン。
これはまずいな~と思い、幼稚園の先生に相談しました。

その日は延長保育をお願いし、先生とゆったり過ごしたもみじクン。
先生には、はじめ
「ぼくが ぜんぶ わるいの~ いけないことをしたから。」
ばかり言ってたらしいですが、

もみじクンのクラスでは、嫌なこと悲しいことがあると、
お花のきりえを切るお仕事をするようで、
先生とお花をチョキチョキ始めたもみじクンがポツリポツリと感じたことを話し始めたようです。

リレーは一人でするものではないもの、
人には得意なもの、苦手なものがみんなあること、
リレーをとおして、得意な人が苦手な人を助け合う大切さをわかってもらいたい、
一生懸命する心は、みんなはつながっているからわかりあえるよ!!
ということを、お話してくれたようです。

すこし心がほぐれたようですが、まだリレーどうしようかな?なんて言っていますが。。。

先生がお友達にも、少しお話してくれ、わかってくれたように感じますっといっていたので、
お友達を通じて、心がほぐれるようになればいいな~。
きっと相手のお友達も、気にしているだろな~なんて思ったり。

園の先生に相談はどうしようかな?なんて思っていましたが、
おもいきって相談してよかった!!
なによりもみじクンが先生とゆったりお話ができ、
また延長保育の先生も、もみじクンのそんな気持ちを知っていてか、ゆったり付き合ってくれたようで、
ほんと助かりました。本当に感謝しています。

少し安心し、心がほぐれたような気がするもみじクン。

こんなことって、小学校に行くとよくあることなんだろな~。
暖かく見守ってくれる今の時期に、いろんなふれあいの中でぶつかり、経験することなんでしょうね。

さてリレーは走ってくれるでしょうか?

ゆっくり見守りたいと思います。






この記事のURL | お姫サマ 2さい | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。